ブログタイトル

プロタイムズはドローンで屋根点検をしています

こんにちは。プロタイムズ朝霞店です。

当店では屋根の診断にドローンを導入して1年が経ちました。

沢山のお客様に、その高画質と手軽さを実感いただいております。

ドローンの屋根診断には3つのメリットがあります。

①短時間!!

約20分で屋根の状態を隅々まで詳しく確認します。あらゆる劣化症状や台風被害などを見逃さず、早期のうちに適切な対応を提案します。

 

②安全!!

業者が屋根に上らないため屋根を踏み割ることはありません。また、国土交通省認定の飛行許可証をもつスタッフが操作するため安心です。

③リアルタイム!!

普段は見えない屋根の状態をご自身の目で確認できます。専門家が解説しながら動画をお見せするため、住まいの状況がよくわかります。

例えばこんな感じです↓

↑屋根の色あせ:日光や雨風による色あせ具合が確認できます。

 

↑樋の状態:落ち葉の詰まりや割れなどが確認できます。

↑太陽光パネルが乗っていてもドローンなら状況が確認できます。

 

劣化状況にあわせたメンテナンス提案もいたします。

まずはお気軽にお問合せください!

 

 

 

CM完成しました【プロタイムズ朝霞店】

毎週日曜日16:00~BS朝日にて放送している 「大改造!!劇的ビフォーアフター」の中でプロタイムズCM「美術館篇」を放映中です。

美術館に並べられたプロタイムズの施工事例の写真の数々。プロタイムズは、施工事例の写真のようにお住まいを美しく蘇らせます。

全国ネットワーク 132店舗

プロタイムズは日本全国から130店舗以上の優良施工店が集まって、研鑽された高い技術を基準化しています。

47,000棟以上の実績。
日本全国でプロタイムズが選ばれています。
これまでの塗装棟数は累計47,000棟以上。外装劣化調査診断は累計63,000棟以上に及びます。
品質に妥協せず、お客様の声に耳を傾け、1棟1棟の施工に全力を傾ける私たちの姿勢を多くの皆さまに評価いただいています。

CMの中で登場した施工物件のご紹介

福井県敦賀市 U様邸 築15年施工物件1

外壁
使用塗料 超低汚染リファイン1000Si-IR
ホワイトリリィ、チャコール

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモF
トゥルーブラック

 

福井県敦賀市 Y様邸 築13年施工物件2

外壁

使用塗料 アロンコート
ホワイト系、ダークブラウン系

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモF
トゥルーブラック

滋賀県彦根市 M様邸 築15年施工物件3

外壁

使用塗料 超低汚染リファイン1000Si-IR
ブロークンホワイト

カラーボンドベイジュ

カラーボンドメリーノ

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモSi
キャビアブラウン

静岡県静岡市 A様邸 築14年施工物件4

外壁

使用塗料 超低汚染プラチナリファイン2000MF
クールホワイト、ニンバス

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモF
キャビアブラウン

 

和歌山県橋本市 N様邸 築30年

施工物件5

外壁

使用塗料 ベルアート
AC-2236

屋根

使用塗料 無機ハイブリッドコートJY-IR
ガーネット

山口県下関市 H様邸 築12年施工物件6

外壁

使用塗料 ジュラクペンアート
ブラック

屋根

使用塗料 KFワールドセラフール
チャコール

 

福岡県糟屋郡新宮町 T様邸 築16年施工物件7

外壁

使用塗料 超低汚染リファイン1000Si-IR
カレッジグリーン

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモSi
キャビアブラウン

 

大分県宇佐市 U様邸 築13年施工物件8

外壁

使用塗料 セミフロンスーパーアクアⅡ
オフホワイト

カラーボンドマウンティンブルー

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモSi
キャビアブラウン

 

佐賀県 S様邸 築14年施工物件9

外壁

使用塗料 プラチナECコート5000EX
クールホワイト

屋根

使用塗料 スーパーシャネツサーモF
クレタグレー

 

本社が福岡にあるため、九州地方のお宅が多いですね。

いつか関東バージョンも出来たら嬉しいです…。

プロタイムズについて詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい https://protimes.jp/

 

朝霞市周辺の外壁塗装・屋根塗装はプロタイムズ朝霞店へ

☎048-461-0140

外壁塗装は冬でも出来る!

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年も社員一同、ねずみのように走り回りますっ🐭

 

今冬は暖かい日が多いですが、寒い冬でも外壁塗装が出来るという事をお伝えしたいと思います。

 

1.基準を守れば冬でも塗装は出来る

外壁塗装を行うには、気候による条件があります。1つは気温による条件、もう1つは湿度による条件です。これは、塗料の乾燥・硬化に関係してくるものであるため、この条件を守らないで施工をすると、不良施工となってしまいますので注意が必要です。

では、塗装が出来ない気候条件とはどのようなものなのか、具体的に見てみましょう。

①気温が5℃以下の時

②湿度が85%以上の時

③降雨、降雪、結露が起きている時または予想される時

 

気温が5℃以下では、塗料が乾燥・硬化しにくくなってしまいます。そのような環境で、通常と同じ様にメーカーの定めた乾燥時間を経過したまま次の工程へ進んでしまうと、硬化不良のため塗膜が形成されても脆弱になってしまいます。湿度が85%以上の時も同様で、空気中の水分が多いと塗料の乾燥が遅くなってしまいます。

また、天候が雨や雪などの場合も、塗料自体が流れ落ちてしまうため、塗装を行うことは出来ません。

ただし、メーカーや塗料の種類によっても違うことはありますので、商品カタログの注意点を確認するようにしましょう。

以上のことから、条件はありますが冬でも外壁塗装を行うことは可能です。

 

2.冬の外壁塗装のメリット・デメリット

さて、ここまで見ると、「冬は気温が低いし雪も降るから、外壁塗装はやっぱり向いてないんじゃないか」と感じた方もいるかと思います。そこで2章では、冬に外壁塗装を行う場合のメリットとデメリットをお伝えしていきます。もちろんデメリットもありますが、それは他の季節であっても同様にあることです。冬の外壁塗装も決して悪い点ばかりではない、ということをご理解頂ければと思います。

 

メリット:晴れの日が多く湿度も低いので乾燥しやすい

■晴れの日が多い・・・地域にもよりますが、冬は一年を通して比較的雨が少ない季節です。そのため、台風シーズンや梅雨の時期に比べると工事のスケジュールを立てやすいと言えます。また、工事期間中は窓を閉め切ることになりますが、夏場なら暑くて大変ですが、冬であれば問題ありません。

ただし、東北地方や山間部などの豪雪地帯では、上述した気候の関係もあり、雪解けまで工事が行えなくなる恐れがあります。

 

■湿度が低い・・・梅雨や夏は湿気が多く、塗装の条件である85%を上回り、塗装が出来なくなってしまうこともあります。日本は元々、年間を通じて湿度が高い日が多い国です。気象庁の30年間の統計によると、月別の平均湿度は6月が78%、7月で80%まで上がると言われています。それに対して1月は最も低く58%です。冬は、空気中の湿度が低く乾燥しているため、塗料の乾きも良く、スムーズに工事を進めることができると言えます。

 

デメリット:日没が早いので作業時間が少ない

冬は日没が早い季節ですので、職人さんの作業できる時間も短くなってしまいます。冬至の日の入り時間は、東京で16時32分、福岡で17時14分、最も遅い沖縄でも17時43分となっています。周りが暗い状態で塗装作業を行うと、目でちゃんとした確認をすることが出来ないため、塗り残しや塗りムラが出たりするなど、施工不良にも繋がってしまいます。日が沈んでからも作業をする職人さんを見て、「こんなに暗くても頑張っているなんて、熱心で良い職人さんだな」と思う人もいるかも知れませんが、それは間違いだという事を覚えておいた方がよいでしょう。

 

3.冬に外壁塗装をする場合の注意点

ここまで読んで、条件はあるが冬でも外壁塗装は出来る、ということはご理解頂けたでしょうか。では次に、冬の外壁塗装をする場合の注意点についてお伝えしていきます。

 

冬の外壁塗装は、施工管理・技術力のある会社に依頼する

上述した様に、冬に外壁塗装をする場合は気候や作業時間などの条件があります。それだけに、施工スケジュールを計画的に立てられて、冬の作業環境にしっかり対応出来る、施工管理・技術力のある会社に工事を頼んだ方がよいでしょう。それでは、どのような点について注意すればよいのか、具体的に見ていきましょう。

 

冬の外壁塗装で優良業者を見つけるためには

■天候を考慮している

外壁塗装の作業の可否が気候条件に左右されるということは、業者にとって当然のことです。いくら晴れが多い冬と言っても、急な雨や雪が降ること、気温が条件を満たさない日も想定されますので、ちゃんとした業者であれば、週間天気を考慮して余裕を持ったスケジュールを組んでいます。

しかし残念ながら、気候条件の合わない日でも無理やり工事を行う業者がいることも事実です。なぜそんな事をするのかと言うと、工事を早く終わらせたいからです。1つの工事を休みにしてしまうと、他の工事も遅れてしまい、結果として予定した時期に売上が立たなくなってしまうのです。

このように、自社の売上・利益を優先して塗装の仕上がりを無視してしまう業者も少なからず存在するということを認識しておいてください。このような業者に当たらないためにも、以下の点を確認するようにしておきましょう。

①天候で工期が延びた場合、追加料金は発生しないか

②天候を考慮したスケジュールを組んでもらい、且つ、気候条件を満たさない日は工事を中止してもらえるか

 

■工程表があり、無理なスケジュールになっていないか

工程表とは、どのような工事を行うのか、スケジュールを表したものです。会社によって形式は異なりますが、足場の組立や高圧洗浄、下塗り、中塗り、上塗りなどの各工程がいつ行われるのかを記載しています。

このような工程表を提示し、塗料の乾燥時間や施工にかかる時間についても根拠を出して説明してくれる、施工管理のしっかりとした会社を選ぶように心がけましょう。

 

■天候の特性を理解して施工を出来るか

塗装工事においては、日没につれて日が当たりにくくなる北面から塗装を行っていくことが基本となります。そうしないと塗った塗料の日当たり時間が少なくて乾きにくくなるからです。

しかし、冬では朝に結露が起きて壁面が塗れていることも想定されます。したがって、先に日が当たり乾いている南面から塗装を行っていくのです。こういった基本をしっかりと抑えているかどうかも、契約の前に確認しておくべき注意点になります。

また、塗装工事とは資格がなくても行うことが出来るものですが、しっかりとした知識と技術を持っている証明となる資格も存在します。国家資格である「一級塗装技能士」、都道府県知事が認定する「二級塗装技能士」などがあります。技術のある会社を探す時のポイントとして、資格を持った職人がいるかどうかも確認してみるとよいでしょう。

冬の外壁塗装では、特に施工管理・技術力のしっかりした会社を選びましょう

 

そのためには下記の点に注意する必要があります。

・天候を考慮したスケジュール組みをしているか

・工程表があり、無理なスケジュールになっていないか

・天候、作業環境に応じた施工が出来るか(資格のある職人が在籍しているか)

 

4.他の季節で塗装した場合は

ここまでは冬の外壁塗装についてお伝えしてきました。ただ、この記事を読んでいる時期によっては、他の季節がどうなのかも知りたいことだと思います。そこで、春・夏・秋に塗装をする場合のメリット・デメリットについてもそれぞれ比較してみようと思います。

 

季節ごとのメリット・デメリット比較

季節 メリット デメリット
 ・気温、気候が安定している塗装のベストシーズン・予定通り工事が進みやすい ・春の嵐、長雨で工事がストップする可能性がある

・塗装業者(特に人気の業者)が繁忙期に入り、工期が希望通りにならないこともある

夏(梅雨の時期) ・多くの人はこの時期の施工を避けたがるので、思わぬ割引があるかも

・業者にも頼みやすい時期

・梅雨の時期は雨・湿度が原因で工期が延びてしまいがちになる
夏(暑い時期) ・塗料の乾きが早く、工事が予定通り進みやすい ・夕立で工事が延期になる可能性がある・工事業者のお盆休みで工事が止まる可能性がある
・ 春と同様、天候が安定するので工事が進みやすい ・台風が直撃して工期が延びてしまう可能性がある・ 塗装業者が繁忙期に入り、工期が希望通りにならないこともある

冬に限らず、他のどの季節で塗装をするにしても、メリット・デメリットは存在しています。

 

まとめ

 ・外壁塗装は、塗料メーカーの定めた基準(気温と湿度)を守れば、冬でも出来る

・どの季節で塗装をするにしても、メリット・デメリットは存在する

いかがだったでしょうか。「外壁塗装をするのに、冬は向いていないんじゃないか」と心配されている方へ、外壁塗装はどの季節でも出来る(積雪地域を除く)ということをお伝えしてきました。

しかし、外壁塗装は決して安い買い物ではありません。「いつの時期にするのか」ということも勿論大切ですが、「どこに頼むか」ということも大切です。時期ばかりを気にして焦って業者を選ぶよりも、施工管理や技術がしっかりした業者を見定めて、後悔のない工事を行うようにしましょう。

☆朝霞市の屋根・外壁塗装はプロタイムズ朝霞店☆

1 / 3812345...102030...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織