ブログタイトル

ブロック塀の安全点検をしましょう

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする大きな地震では、道路に面するブロック塀や石造塀が崩壊し、下敷きになった歩行者が亡くなるという大きな被害が出ました。

住宅の敷地等に設置してあるブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。
まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や
分からないことがあれば、当社にご相談ください。

□ 1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
□ 2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
□ 3.控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。

□ 4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。
□ 5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。

 

<専門家が確認いたします>
□ 6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔
以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、
横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の
場合)

外部からの侵入者を防いだり、目隠しをする機能を求めているのであれば、ブロック塀を生垣に変えるという方法もあります。

生垣は木々が密に植え込まれているので、侵入者がのこぎりでも使って木を切らない限り、生垣を通り抜けることが出来ません。むしろブロック塀の方が簡単に飛び越えることが出来るかも知れません。

朝霞市の屋根・外壁塗装はプロタイムズ朝霞店

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織