ブログタイトル

朝霞市総合防災訓練・防災フェア開催 9/30㈰

朝霞市総合防災訓練・防災フェアが開催されます。

実施月日

平成30年9月30日(日曜日) 午前9時~午後0時30分

会場・開催地等

基地跡地暫定利用広場「朝霞の森」

主催者・関係者

主催:朝霞市

協力:埼玉県南西部消防本部、朝霞市消防団、陸上自衛隊、朝霞警察署 他

内容等

今後起こり得る首都圏直下型の地震発生を想定し、朝霞市及び防災関係機関と実践的な防災訓練を実施するとともに、自助・共助の役割や災害への備えに役立つ防災知識について、子どもから大人まで楽しく学べる体験型の防災フェアが同時開催されます。

目的

1)防災関係機関の連携強化

2)地域防災の担い手とのネットワークの構築

3)幅広い年齢層が防災について考えるきっかけづくり

訓練内容

1)情報収集(アマチュア無線クラブ、県航空防災隊等)

2)避難誘導(自主防災組織、小中高生等)

3)救出・救助(自主防災組織、小中高生、消防団、消防署、自衛隊等)

4)応急救護、搬送(消防署、医師会等)

5)一斉放水(消防団、消防署)

防災フェア内容

1)イザ!カエルキャラバン!

2)車両乗車体験(自衛隊高機動車、消防署はしご車、消防団ポンプ車)

3)自衛隊、消防署、消防団、警察車両展示及び記念撮影

4)自衛隊による炊き出し(カレー)試食

5)消防署による地震体験及び煙体験

6)日本赤十字社による心肺蘇生及びAED体験

7)展示ブースにおける防災用品の展示、啓発

※イザ!カエルキャラバン!とは、子どもたちや若い親子等を対象に、震災時に必要な「技」や「知識」を身につける新しい防災訓練のシステムだそうです。

参加者は、ゲーム感覚で楽しみながら「消火」、「救出」、「救護」などのプログラムを体験するとポイントがたまり、そのポイントでおもちゃと交換できる仕組みとなっているそうです。

弊社のスタッフも参加します。今一度防災について学んでみませんか?

 

119番のイラスト119番のイラスト

 

季節別に経験者が解説!外壁塗装に向いている季節はあるの?

温度計

1 湿度と気温の関係を知っておく

我が家は、総二階の一戸建て・約30坪の標準的な家屋です。
築11年を迎えた頃に、初めての屋根・外壁塗装塗り替えをしました。

工事を行ったのは、7月末の梅雨が明けてすぐの頃。
この年は幸いにもあまり雨降りの日がなく、工事中は一度も雨が降らないという幸運にも恵まれ、予定よりも早く施工は完了しました。
この経験をふまえると、塗装工事に向いている季節は初夏か、天候の安定した秋かな、と思われます。

外壁塗装を行うのにベストな湿度と気温は、「湿度が低めでなおかつ気温が5度以上」だと言われています。

この条件から見ていくと、春は気温は5度以上ありますが、雨が降りやすい。夏は気温も湿度も高め。秋は気温も湿度もちょうど良いのですが、雨が降りやすい(秋雨や台風などで)。冬は湿度は低く雨も降りにくいけれど、気温が低い。

ということで、絶対に「この時ならパーフェクト!」という時期はない、というのが現実です。

当然ですが、お天気は自分の思惑通りにはなってくれません。

ですから、現実的には我が家でもそうでしたが、「もうそろそろ工事が必要だな」と「思った時が施工どき」ではないでしょうか。

⚫︎梅雨だから逆にやりやすい場合もある

雨降り

 

つい最近ではお隣の御宅が塗装塗り替え工事をされました。

施工時期は梅雨の真っ只中。多分多くの方が「この時期だけは避けたい」と考えられる時期だと思います。

しかし、逆にこの時期だったからこそ(業者のスケジュールが空いていて)すぐに工事にとりかかってもらえた、というような話も聞きました。
また、梅雨時期ではありましたが、あまり雨が降らなかったので工期も予想したほど遅れなかったようです。

2 季節ごとの施工のメリット、デメリットを解説

それでは、各季節ごとの施工にともなうメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

⚫︎春

春

メリット 
・塗料が乾きやすい。
・気候が良いので、職人の作業がしやすい。
デメリット
・塗装工事の宣伝が増えるので、業者決定に迷いが出がち。

⚫︎梅雨時

梅雨

メリット
・雨が降っていなければ気温は高めなので作業はしやすい。
デメリット
・他の季節よりも雨が降りやすいので、工期が延びる恐れがある。

⚫︎夏

夏

メリット
・塗料が乾きやすい。
・気温も高めなので、塗料が伸びやすく、施工がスムーズに進む。
デメリット
・気温が高すぎるので、職人への(体力的な)負担が大きくなる。

⚫︎秋

秋

メリット
・湿度が低いので、塗料が乾きやすくなる。
・職人の作業がスムースにはかどる。
デメリット
・秋の長雨や台風が来ると、工期が延びる。

⚫︎冬

冬

メリット
・塗装工事中、窓を閉め切っていても問題がない。
デメリット
・気温が5℃を切ると工事ができない。
・低温で塗装の乾燥に時間がかかり、工期が延びる。

四季の中では冬場が最もデメリットが多そうですが、これに関してもあらかじめ工期を長めに設定しておけば、大きな問題にはならないと思われます。

3 塗料も進化している今、そこまで季節は重要ではない?

時期的な「向き・不向き」は確かにあるけれど、現在の塗料の性能ならば温度や湿度に注意をすれば、どの時期でも施工は可能、というのが実は最近の傾向のようです。
我が家がお世話になった業者さんも、「塗装工事自体はいつでも可能ですよ。ただし、天候によってどうしても工期は左右されますが」とおっしゃっていました。
我が家の場合、暑い季節に工事を行ったので、外側をぴっちりと締め切る「養生」がきついかな、と思っていたのですが、実際はずっとエアコンをつけたままでOKでしたので、想像したよりも楽でしたね。

⚫︎経験者の私がお勧めするのは春

それでもあえて一年のうちで外壁塗装工事としておすすめする季節は、春でしょうか。

理由は、気温が高くなり、湿度もまだそう高くはないからです。もちろん雨が降る時もありますが、秋のように台風が来る恐れがない分、安心感があります。秋も気温・湿度の面からいうと塗装工事には向いていると思うのですが、秋雨前線、台風などの不安要素が春より強くなるので、比較するとやはり春、それも梅雨に入る前の4月、5月の半ばぐらいまでが良いのではないかと思います。

4 業者選びの際の大事な点

虫眼鏡のイラスト

季節の要素も大事ですが、私が考える業者選びにおいて大事な点は
しっかり下地が乾いてから塗る、先に塗った塗料が乾いてからしっかり対応できる業者かどうかが重要です。

外壁・屋根ともに塗装工事は「3回塗り」が基本です。
塗り替え工事にとりかかる前に、これまでの汚れやホコリを取り去るための高圧洗浄を行いますが、この後に下塗り(シーラー)、中塗り、最後に上塗りという過程を経て工事は行われます。

そしてこれらすべての作業の間に「乾燥」する時間が必要になってきます。

当たり前のことですけれども、どの段階でもしっかりと乾燥させないと次の工程にはとりかかれません。

しかし残念ながら一部の業者の中には、手抜き工事を行うところもあります。
手抜き工事の内容としては、「きちんと高圧洗浄を行わない」「養生の仕方が雑」「下地の調整を省略する」「計量しないで塗料を混ぜる」など、いろいろありますが、「乾燥時間を短縮する」というのも、その中のひとつなのです。

すべての工程を一日中見張ることは不可能ですが、もしも施工途中で疑問に感じることがあったら、遠慮せずに職人さんなり、業者の窓口なりに質問することが大事だと思います。

そうすることで、施主がしっかりと工事の成り行きを見守っている、けっして業者任せにしていない、という態度を示すことができるからです。

5 まとめ

いかがでしょうか。
ご自分の大切な家を守るためにも、どんな季節に工事を行ったら良いのか、できればせっぱつまる前から関心を持ち、いろいろとシミュレーションしておかれれば良いと思います.

☆朝霞市の屋根・外壁塗装はプロタイムズ朝霞店☆

ブロック塀の安全点検をしましょう

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする大きな地震では、道路に面するブロック塀や石造塀が崩壊し、下敷きになった歩行者が亡くなるという大きな被害が出ました。

住宅の敷地等に設置してあるブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。
まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や
分からないことがあれば、当社にご相談ください。

□ 1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
□ 2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
□ 3.控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。

□ 4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。
□ 5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。

 

<専門家が確認いたします>
□ 6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔
以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、
横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の
場合)

外部からの侵入者を防いだり、目隠しをする機能を求めているのであれば、ブロック塀を生垣に変えるという方法もあります。

生垣は木々が密に植え込まれているので、侵入者がのこぎりでも使って木を切らない限り、生垣を通り抜けることが出来ません。むしろブロック塀の方が簡単に飛び越えることが出来るかも知れません。

朝霞市の屋根・外壁塗装はプロタイムズ朝霞店

1 / 3312345...102030...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織